日本語タイトル:輸入競争が企業組織に及ぼす影響について:日本の企業レベル・データによる実証分析

Heterogeneous Impact of Import Competition on Firm Organization: Evidence from Japanese firm-level data

執筆者 松浦 寿幸 (慶應義塾大学)
発行日/NO. 2019年10月  19-E-086
研究プロジェクト 貿易自由化政策の効果に関する研究:90年代以降の日本に関するミクロデータを用いた分析
ダウンロード/関連リンク

概要

近年、中国等の低所得国からの輸入の増加の影響が研究者ならびに政策担当者の注目を集めている。近年の欧米の研究では中国からの輸入が雇用に負の影響を及ぼしていることが示されている。本研究では、産業レベルのデータを用いる先行研究とは異なり、企業レベル・データを用いて輸入競争圧力の高まりが企業の部門別雇用者構成に及ぼす影響を分析する。事業所レベル・データをリンクさせて企業-品目レベルで輸入競争ショックを計測することにより、本研究では企業の部門別雇用者シェアの変化を分析した。分析の結果、輸入競争圧力の高まりは、製造部門から卸小売やその他のサービスなどアフターセールス・サービスほか非製造部門へのシフトを促していることが明らかとなった。また、こうした輸入競争の影響は企業規模や輸出状況によっても異なることが明らかとなった。

概要(英語)

This paper empirically investigates the effect of import competition on within-firm employment reorganization using Japanese firm-level data sets. We conduct a firm-level examination of whether the import competition against low wage countries leads to the shift from manufacturing activity to non-manufacturing activity, such as headquarter services or R&D. Moreover, we explore the heterogeneity of impacts of import competition according to firm size and export status. We find that competition from Chinese imports induces manufacturing firms to increase their share of service workers, especially those workers that engage in wholesale & retail, and in other service activities.