日本語タイトル:新自由主義と移民に対する態度

Neoliberalism and Negative Attitudes toward Immigrants

執筆者 五十嵐 彰 (立教大学)/尾野 嘉邦 (ファカルティフェロー)
発行日/NO. 2019年10月  19-E-085
研究プロジェクト 人々の政治行動に関する実証研究ー経済産業面での政策的課題に対するエビデンスベースの処方箋の提示を目指して
ダウンロード/関連リンク

概要

既存研究では、新自由主義的イデオロギーが人々の間で反移民的な態度を引き起こすことが強調されている。そこでは、市場寄りのイデオロギーと権威主義的な社会的保守主義を結合させたメッセージを国民の支持を得るために用いた急進右派政党によるものと見ている。しかし、このような議論はまだ十分に検証されていない。新自由主義的イデオロギーと反移民的態度と関係の背後にあるメカニズムを理解するため、本研究は、急進的右派政党が存在しない日本において行われた全国調査とサーベイ実験から得られたデータを分析する。分析結果によると、日本においても新自由主義的イデオロギーが反移民的な態度との間に関連性があることが明らかになった。さらに、移民の国籍や技能レベルを操作した実験結果からは、新自由主義的イデオロギーに傾斜する回答者ほど、移民の技能レベルの認識に敏感であり、熟練度の高い移民を歓迎する一方で、熟練度の低い移民に強く反対することが示された。これらの結果は、新自由主義的なイデオロギーと反移民的な態度が、単に急進的な右派政党の影響によるものではなく、むしろ移民の技能レベルに対する認識によるものであることを示唆している。つまり、本研究結果から、新自由主義的イデオロギーを持つ人々は、労働力としての移民の技能レベルを評価しており、技能の低い移民に対してより否定的な態度をとっているということが明らかになった。

概要(英語)

Existing studies emphasize that the neoliberal ideology creates anti-immigrant attitudes. They attribute this to the influence of radical right-wing parties, which combine a pro-market ideology with authoritarian social conservatism. However, this claim has not been fully tested. To understand the mechanisms behind this association, our study analyzes data drawn from a representative survey and an online survey experiment conducted in Japan. Our results demonstrate that an association between neoliberalism and anti-immigrant attitudes exists even where radical right-wing parties are absent. Furthermore, the results of our experiment, where immigrants' skill levels and country of origin are varied in the vignette, show that respondents espousing neoliberal ideology are sensitive to the skill level of immigrants in that they strongly oppose low-skilled immigrants, while welcoming high-skilled immigrants. These results suggest that the association between neoliberalism and anti-immigrant attitudes is not simply a result of the influence of radical right-wing parties but rather stems from concerns over their future welfare burden.