日本語タイトル:起業家の生活満足度は高いのか? 日本のデータによる実証分析

Do Entrepreneurs Have High Life Satisfaction? Evidence from Japan

執筆者 本庄 裕司 (ファカルティフェロー)/池内 健太 (研究員)/中村 寛樹 (中央大学)
発行日/NO. 2019年10月  19-E-083
研究プロジェクト ハイテクスタートアップの創造と成長
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿では、起業経験が生活満足度に与える影響を分析する。日本の個人を対象に、起業経験、経済的な富の水準、個人の属性についての独自の調査を用い、起業経験と主観的満足度との関係を媒介する要因を明らかにする。推定結果から、起業経験が主観的満足度に与える総合効果はみられなかった。しかし、起業経験の主観的満足度に対する間接効果は、所得や経済的な富によるプラスの効果と負債によるマイナスの効果がみられることがわかった。こうした結果は、日本において金銭的インセンティブが起業家の誕生につながることを示唆している。

概要(英語)

This study investigates the impact of entrepreneurial experience on life satisfaction. Using a unique survey about entrepreneurial experience, level of wealth, and personal attributes of individuals in Japan, we examine the factors that mediate the association between entrepreneurial experience and subjective well-being. As a result, we do not find any evidence on the total effect of entrepreneurial experience on subjective well-being. However, we find a positive indirect effect of entrepreneurial experience on subjective well-being through wealth, in addition to a negative indirect effect through debt. Our findings suggest that monetary incentives motivate Japanese individuals to become entrepreneurs.