日本語タイトル:日本における高齢者就業の制度的抑制要因

Addressing the Institutional Disincentives to Elderly Employment in Japan

執筆者 小塩 隆士 (ファカルティフェロー)/清水谷 諭 (中曽根平和研究所)/大石 亜希子 (千葉大学)
発行日/NO. 2019年10月  19-E-080
研究プロジェクト 社会保障の中長期課題への対応に関する研究
ダウンロード/関連リンク

概要

本研究は、日本の高齢者による就業・引退や労働時間に関する意思決定が、公的年金やその他の関連制度とどのように関係しているかを、就業に対する制度的な抑制要因を集約した指標(ITAX)を用いて検討する。具体的には、まず、回帰分析によって、公的年金や関連するその他の制度が高齢者の就業を抑制していることを確認する。次に、その分析結果を用いて、(1)在職老齢年金制度の廃止、(2)公的年金の支給開始年齢の引き上げ、(3)高齢者雇用継続給付の対象年齢の延長が、高齢者の就業確率や労働時間に及ぼす効果を具体的に試算する。試算の結果、公的年金の支給開始年齢の引き上げの効果が相対的に大きいことが明らかになった。

概要(英語)

This study examines how the decisions of the elderly regarding work/retirement and hours worked are related to the public pension and other related programs by constructing a single index of implicit tax (ITAX) that incorporates various factors related to institutional disincentives to working in Japan. Our regression model underscores that public pension and other related programs, taken together, discourage the elderly from working. Based on the regression results, we conduct simulations to show the extent to which three policy reforms, that is, (1) abolishing the earnings test for pension benefits; (2) raising the age of eligibility for pension benefits; and (3) extending the wage subsidy for the elderly, can encourage the elderly to stay in the labor force longer and work longer hours. The simulation results highlight the relative effectiveness of raising the age of eligibility.