日本語タイトル:生産及び研究開発のオフショアリングが国内のイノベーション活動に与える影響

Effects of Offshore Production and R&D on Domestic Innovation Activities

執筆者 山下 直輝 (ロイヤルメルボルン工科大学 / 慶應義塾大学)/山内 勇 (リサーチアソシエイト)
発行日/NO. 2019年9月  19-E-068
研究プロジェクト イノベーション政策のフロンティア:マイクロデータからのエビデンス
ダウンロード/関連リンク

概要

日本企業の海外生産拠点・研究開発拠点の設置数は年々増加している。本稿では、生産機能や研究開発機能のオフショアリングが、国内特許の出願件数や被引用件数で測った国内のイノベーション活動に与える影響について分析を行った。

内生性を考慮した分析の結果、全体として、生産活動や研究開発活動のオフショアリングは、国内のイノベーションの量や質には有意な効果を持っていないが、先進国への研究開発活動のオフショアリングは国内のイノベーション活動の質を大きく高めることが分かった。この結果は、オフショアリングによる知識波及効果が大きいことを示唆している。さらに、分析の結果、生産機能と研究開発機能の間にはシナジーが働くことも明らかとなった。したがって、生産拠点の海外移転に当たっては、国内の研究開発活動への影響も考慮する必要があると言える。

概要(英語)

There has been a global shift in the distribution of manufacturing jobs and activities away from high-wage countries to low-wage countries for the past few decades. This paper examines a largely unexplored channel of the effects of offshore production on onshore (domestic) innovation performance. Controlling for the endogeneity, we find that increased offshore employment and R&D do not have positive impact on the domestic innovation measured by the number of patent applications and the number of forward citations on average. However, offshore R&D increases the quality of domestic innovation when the firms expand R&D function to the developed countries while it has a negative effect in the developing countries. We also find a synergistic effect between production and R&D activities. Therefore, separating the two activities can decrease the efficiency of resource allocation on the domestic innovation.