日本語タイトル:卸売業における関税パス・スルー率:日本の企業レベル・データを用いて

Tariff Pass-through in Wholesaling: Evidence from Firm-level Data in Japan

執筆者 白 映旻 (早稲田大学)/早川 和伸 (アジア経済研究所)/坪田 建明 (アジア経済研究所)/浦田 秀次郎 (ファカルティフェロー)/山ノ内 健太 (慶應義塾大学)
発行日/NO. 2019年8月  19-E-064
研究プロジェクト 貿易自由化政策の効果に関する研究:90年代以降の日本に関するミクロデータを用いた分析
ダウンロード/関連リンク

概要

関税パス・スルー率は、誰がどの程度、関税削減から恩恵を受けているかを知るうえで、重要な指標となる。本論文では、日本の卸売企業を対象に、この関税パス・スルー率を計測する。分析の結果分かったことは以下の通りである。まずわれわれは日本を対象に、(関税を除く)輸入価格及び消費者価格に対する関税パス・スルー率を推定した。その結果、1%の関税低下が、平均的に、輸入価格を0.49%上昇させ、消費者価格を0.08%低下させていることが分かった。次に、卸売業を対象とした分析では、関税低下が卸売企業の調達・販売マージン率を上昇させていることが分かった。1%の関税低下が、マージン率を0.25%ポイント上昇させており、これは調達価格に比べた販売価格が0.34%程度上昇していることを意味する。以上の結果から、日本の卸売企業は、海外生産者・輸出者ほどではないが、日本の消費者よりは大きな恩恵を関税削減から受けていると言える。

概要(英語)

Tariff pass-through is a vital issue for considering who and to what extent the trade liberalization benefits. This paper empirically examines the tariff pass-through in wholesaling by employing the wholesale firm-level data in Japan. We found that importing wholesalers significantly raised their margin ratio (i.e., (sales – procurements) / sales) against tariff reduction. On average, a 1% reduction of tariffs raised the margin ratio by around 0.25 percentage point. This rise is equivalent to the rise of sales prices to procurement prices by around 0.34%. For comparison purposes, we also analyzed tariff pass-through for the import and consumer prices and found that a 1% reduction of tariffs raised import prices (export prices for exporters) by 0.49% and decreased consumer prices by 0.08%. In sum, wholesalers in importing country enjoy the smaller part of tariff rent than producers in exporting country but the larger part than consumers in importing country.