日本語タイトル:企業の主観的不確実性と予測誤差

Firms' Subjective Uncertainty and Forecast Errors

執筆者 森川 正之 (副所長)
発行日/NO. 2019年7月  19-E-055
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿は、日本の上場企業を対象としたサーベイ・データと企業財務データに基づく実績値を接続し、企業の事前の主観的不確実性を事後的に評価する。事前予測の不確実性は自社売上高・雇用の伸び率の予測値の主観的信頼区間、事後的な予測誤差は実現値と点予測値の乖離である。その結果によれば、予測の確率分布の幅で見た事前の主観的不確実性は、事後的な絶対予測誤差と正の関係がある。自社の売上高・雇用の先行き見通しの主観的不確実性は、マクロ経済見通しのそれに比べて不確実性指標として精度が高い。分析結果は、企業サーベイに基づく先行き見通しの主観的な確率分布が、不確実性指標として意味のある情報を含んでいることを示すものである。

本稿は、日本語版のディスカッション・ペーパー(19-J-035)に修正を加えた上で、英語版にしたものである

概要(英語)

Using original survey data linked with the financial statements of Japanese listed firms, this study presents an ex post evaluation of firms' ex ante subjective uncertainty. Ex ante forecast uncertainty in terms of sales and employment growth is derived from firms' subjective confidence interval around their point forecasts. Ex post forecast error is calculated as the deviation of the realized figures from the point forecasts. The results indicate that ex ante subjective uncertainty has a positive association with realized absolute forecast error. The subjective confidence interval for a firm's own business forecast, in comparison with that for macroeconomic variables, is reliable as a measure of uncertainty. These findings indicate that the subjective probability distribution of business outlook captured by firm surveys contains valuable information for measuring economic uncertainty at the micro-level.