日本語タイトル:兄弟から学ぶ:多国籍企業における海外需要の学習効果

Learning and Information Transmission within Multinational Corporations

執筆者 陳 誠 (Clemson University)/孫 昶 (香港大学)/張 紅詠 (上席研究員)
発行日/NO. 2019年7月  19-E-053
研究プロジェクト 海外市場の不確実性と構造変化が日本企業に与える影響に関する研究
ダウンロード/関連リンク
備考

2020年9月改訂

概要

本研究では、海外子会社の売上高予測情報を含む日本の多国籍企業の調査票情報(経済産業省「海外事業活動基本調査」)を用いて、多国籍企業が新しい海外市場に進出する際に、その市場と同じ地域にある既存海外子会社(近い兄弟、nearby siblings)のパフォーマンスを観察することによって新たな進出先での市場需要を学習するという観察事実を提供する。第一に、近い兄弟のこれまでのパフォーマンスが良ければ、多国籍企業が同地域新しい市場に進出する確率が高くなる。第二に、新しい市場に進出した後、近い兄弟の売上高が高ければ高いほど、新しく設立した子会社は楽観的な売上高予測を立てる傾向がある。第三に、近い兄弟の経験が新規子会社の期待形成に大きな影響を与え、その影響は年齢の若い子会社ほど、不確実性やカントリーリスクが高い市場に立地する子会社ほど、大きい。これらの観察事実をベースに、本研究は、多国籍企業が複数の海外市場での需要について時間を通じたラーニングするモデルを構築し、上記の観察事実を理論的にも明らかにした。

概要(英語)

We propose that multinational firms learn about their profitability in a particular market by observing their performance in nearby markets. We first develop a model of firm expectations formation with noisy signals from multiple markets and derive predictions on expectations formation and market entries. Using a dataset of Japanese multinational corporations that includes sales expectations of each affiliate, we provide evidence supporting the model's predictions. We find that a positive signal about demand inferred from nearby markets raises the probability of entry into a new market, or raises the firm's sales expectation in an existing (focal) market. The latter effect is stronger when (1) the firm is less experienced in the focal market (2) the signals from the focal market are noisier and (3) the firm is more experienced in markets where signals are extracted.