日本語タイトル:なぜ日本は電子部品製造において比較優位を失ったのか

Why Japan Lost Its Comparative Advantage in Producing Electronic Parts and Components

執筆者 Willem THORBECKE (上席研究員)
発行日/NO. 2019年5月  19-E-035
研究プロジェクト East Asian Production Networks, Trade, Exchange Rates, and Global Imbalances
ダウンロード/関連リンク

概要

世界金融危機後、台湾と韓国の電子部品輸出額が急増する一方、日本の輸出額は減少した。本稿では、2007年から2011年にかけて、日本の輸出額が円高によって28%減少したことを報告する。また、電子部品の輸出量も円高により僅かに押し下げられ、新台湾ドル安もあり日本の半導体関連株の株価が大きく下落したことも明らかにする。金融危機後の円高が、円建て生産コストに対する円建て輸出価格を押し下げる要因となり、利益は大幅に減少した。日本の電子部品メーカーは、利益の急減で、機敏なライバル企業との競争に必要な設備投資とイノベーション投資を阻まれることになった。

概要(英語)

Japanese electronic parts and components (ep&c) exports fell in value after the Global Financial Crisis (GFC) while Taiwan and South Korea's ep&c exports soared. This paper reports that the yen appreciation between 2007 and 2011 reduced yen ep&c export prices by 28 percent. This paper also finds that yen appreciations led to small declines in ep&c export volumes and, together with NT dollar depreciations, to large decreases in Japanese semiconductor stock prices. The strong yen caused yen export prices after the GFC to tumble relative to yen production costs, decimating profits. Plummeting profits in turn hindered Japanese ep&c firms from investing enough in capital and innovation to compete with nimble rivals.

Forthcoming: Thorbecke, Willem. "Why Japan lost its comparative advantage in producing electronic parts and components," Journal of the Japanese and International Economies.