日本語タイトル:起業活動とエンジェル投資との関係:国際比較の視点から

The Link between Entrepreneurial Activities and Angel Investment: An international comparison

執筆者 本庄 裕司 (ファカルティフェロー)/中村 寛樹 (中央大学)
発行日/NO. 2019年3月  19-E-017
研究プロジェクト ハイテクスタートアップの創造と成長
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿は、起業する確率とエンジェル投資を行う確率との関係を明らかにする。GEM (Global Entrepreneurship Monitor) のデータを用いて、どのような特性をもつ人が新しいビジネスに投資するかについて検証する。本稿では、起業活動と個人投資との関係をオッズ比の推定結果で示しており、こうした関係は国レベルでのアントレプレヌールエコシステムの程度をあらわす指標になり得ると考えている。推定結果から、起業活動とエンジェル投資との間に正で有意な関係がみられており、起業活動の経験を有する人がエンジェル投資を行いやすい傾向がみられている。また、起業活動とエンジェル投資との関係が国ごとに異なることを示している。とりわけ、日本でエンジェル投資を行う人の割合はきわめて低いが、日本における起業活動とエンジェル投資との関係は他国と比較すると高い傾向がみられている。

概要(英語)

This study explores the link between the probabilities of becoming an entrepreneur and an angel investor. Using data from the Global Entrepreneurship Monitor, we examine what types of individuals invest in new businesses. We present the estimation results for the odds ratio of entrepreneurial activities and angel investment, which may reflect the extent of entrepreneurial ecosystems at the country level. The results reveal the existence of a positive and significant link between entrepreneurial activities and angel investment, indicating that individuals who have experience in entrepreneurial activities are more likely to invest in new businesses. Moreover, we find that the link between entrepreneurial activities and angel investment differs across countries. Specifically, while the proportion of individuals who engage in angel investment in Japan is much lower than in some countries, the link between entrepreneurial activities and angel investment in Japan is greater than in other countries.