日本語タイトル:弱いルピア:追い風に乗りつつ浅瀬を避けるには

The Weak Rupiah: Catching the tailwinds and avoiding the shoals

執筆者 Willem THORBECKE (上席研究員)
発行日/NO. 2019年2月  19-E-006
研究プロジェクト East Asian Production Networks, Trade, Exchange Rates, and Global Imbalances
ダウンロード/関連リンク

概要

2011年7月から2019年1月にかけてインドネシアルピアは50パーセント下落した。Blanchard et al. (2015) は、新興市場からの資本流出が金融仲介コストの増大を通じて総生産を減少させるとともに、純輸出の増加を通じて総生産を増加させる可能性を示した。しかし回帰分析の結果は、インドネシアの銀行が通貨安の影響を被る一方で、輸出は通貨安による刺激を受けないことを示している。また分析結果は、インドネシアの輸出価格指数が一次産品価格と正の相関関係にあり、工業製品価格と負の相関関係にあることを示している。工業製品輸出が増加すれば、一次産品価格の変動がインドネシアにもたらす影響は緩和され、通貨安により輸出が促進されるだろう。本稿では、インドネシアの工業製品輸出の増加に向けて取り得るいくつかのステップについて考察する。

概要(英語)

The Indonesian rupiah depreciated 50 percent between July 2011 and January 2019. Blanchard et al. (2015) showed that capital outflows from emerging markets can reduce output by increasing the cost of financial intermediation and can increase output by increasing net exports. Regression results indicate that Indonesian banks are exposed to depreciations, but that exports are not stimulated by depreciations. The findings also indicate that Indonesia's export price index is positively correlated with commodity prices and negatively correlated with manufactured goods prices. Exporting more manufactured goods would reduce Indonesia's exposure to volatile commodity prices and allow depreciations to stimulate exports. This paper considers several steps that Indonesia could take to increase its manufacturing exports.