日本語タイトル:金融政策の資源再配分効果

Reallocation Effects of Monetary Policy

執筆者 及川 浩希 (早稲田大学)/上田 晃三 (早稲田大学)
発行日/NO. 2018年8月  18-E-056
研究プロジェクト 企業成長と産業成長に関するミクロ実証分析
ダウンロード/関連リンク

概要

各国の中央銀行は、金融政策の資源再配分効果にますます多くの関心を向けるようになってきた。本研究は、名目成長によって引き起こされる異質的企業間の資源再配分に注目する。高インフレのもとでは大企業は小企業よりも早く成長することを日本の企業データで示した上で、それと整合的な異質的企業を伴う内生成長理論に名目硬直性を導入したモデルを構築する。名目成長率が高いと、質の低い企業は高い企業に比べて価格改定コストの負担が重くなるため、質の高い企業の市場支配率が上昇し、質の低い企業の退出を促す。こうした資源再配分効果が十分強く働くと、金融緩和は実質成長と経済厚生をともに改善することになる。この結果はゼロ名目成長を最適とする標準的なニュー・ケインジアン・モデルと大きく異なり、名目硬直性の存在が厚生改善に繋がる可能性を示唆している。

概要(英語)

Central banks across the globe are paying increasing attention to the distributional aspects of monetary policy. In this study, we focus on reallocation among heterogeneous firms triggered by nominal growth. Japanese firm-level data show that large firms tend to grow faster than small firms under higher inflation. We then construct a model that introduces nominal rigidity into endogenous growth with heterogeneous firms. The model shows that, under a high nominal growth rate, firms of inferior quality bear a heavier burden of menu cost payments than do firms of superior quality. This outcome increases the market share of superior firms, while some inferior firms exit the market. This reallocation effect, if strong, yields a positive effect of monetary expansion on both real growth and welfare. The optimal nominal growth can be strictly positive even under nominal rigidity, whereas standard New Keynesian models often conclude that zero nominal growth is optimal. Moreover, the presence of menu costs can improve welfare.