日本語タイトル:東アジア・東南アジア諸国における原油価格変動の影響:金融市場におけるエビデンス

The Impact of Oil Prices on East and Southeast Asian Economies: Evidence from financial markets

執筆者 THORBECKE, Willem (上席研究員)
発行日/NO. 2018年7月  18-E-043
研究プロジェクト East Asian Production Networks, Trade, Exchange Rates, and Global Imbalances
ダウンロード/関連リンク

概要

原油価格は不安定に変動してきた。本論文では、原油価格の変動がアジア経済に与える影響を調査するため、それが産業別、全体の株式リターンに与える影響を検討する。経済理論は、あるセクターの経済活動と株価に強い関連性があることを示している。ここで提示するエビデンスは、原油価格の低下により電気、航空、産業用の輸送といったセクターが恩恵を受ける一方、石油・ガスの生産・開発などのセクターがマイナスの影響を受けることを示している。本研究によって、各国内の多くの産業が原油価格から影響を受けることも明らかにしている。最後に、アジア経済が原油価格の変動を乗り越えられるよう、若干の提言をもって締めくくる。

概要(英語)

Oil prices have been volatile. To investigate how oil price swings affect Asian economies, this paper examines how they affect industry and aggregate stock returns. Economic theory implies that there is a strong link between a sector's stock return and its economic activity. Evidence presented here indicates that sectors such as electricity, airlines, and industrial transportation are helped by oil price falls, and that sectors such as oil and gas production and exploration are harmed. The findings also reveal that many industries within each country are impacted by oil prices. The paper concludes by offering several suggestions to help Asian economies weather the effects of oil price changes.