日本語タイトル:マクロ経済変数を伴う物価の集団運動に関する実証的研究

Empirical Evidence for Collective Motion of Prices with Macroeconomic Indicators in Japan

執筆者 吉川 悠一 (新潟大学)/家富 洋 (新潟大学)/青山 秀明 (ファカルティフェロー)/吉川 洋 (ファカルティフェロー)
発行日/NO. 2018年2月  18-E-007
研究プロジェクト マクロ・プルーデンシャル・ポリシー確立のための経済ネットワークの解析と大規模シミュレーション
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿では、中分類国内物価指数(消費者、企業、輸入)の月次データ(1985年1月から2016年12月まで)を使用し、物価の集団運動性を実証的に明らかにする。また、物価の集団運動とマクロ経済変数(景気動向指数、円ドル為替レート、M2、ベースマネー)との連関にも着目する。従来、物価は共通のショックに晒され、個別に変動すると考えられてきた。変量間のリード・ラグ関係を検出できる複素ヒルベルト主成分分析を行ったところ、2個の統計的に有意な主成分(固有モード)を検出した。第1固有モードは、為替レートが先導し、その影響が景気、さらに国内物価へと波及していく様子を表す。他方、第2固有モードは、景気が為替レートとは無関係に国内物価の変動を先駆ける経済状態を表す。しかし、国内物価の動的連関構造は両モードで酷似しており、物価変動には国内物価が集団的に運動している成分が存在することが示唆される。国内物価の集団運動を駆動しているものは、第1モードでは川上の為替レートであるのに対し、第2モードでは川下の需要である。対照的に、金融変数はそれらの固有モードにおいて重要な役割を果たしていない。

概要(英語)

We apply a complex Hilbert principal component analysis (CHPCA) to a set of Japanese economic data collected over the last 32 years, comprising individual price indices of middle classification level (imported goods, producer goods, consumption goods and services), indices of business conditions (leading, coincident, lagging), yen-dollar exchange rate, monetary stock, and monetary base. The CHPCA gives new insight into the dynamical linkages of price movements with business cycles and financial conditions. A statistical test identifies two significant eigenmodes with the largest and second largest eigenvalues. The lead-lag relations among domestic prices in the two modes are quite similar, indicating the individual prices behave in a collective way. However, the collective motion of prices is driven differently, namely, by the exchange rate at the upper stream side in the first mode and domestic demand at the lower stream side in the second mode. In contrast, the monetary variables play no important role in the two modes.