日本語タイトル:効率性・流動性・ボラティリティ・取引高の日中季節性:東京市場とNY市場におけるプラチナと金

Intraday Seasonality in Efficiency, Liquidity, Volatility, and Volume: Platinum and gold futures in Tokyo and New York

執筆者 岩壷 健太郎 (神戸大学)/Clinton WATKINS (神戸大学)/徐 涛 (神戸大学)
発行日/NO. 2017年11月  17-E-120
研究プロジェクト 商品市場の経済・ファイナンス分析
ダウンロード/関連リンク

概要

プラチナと金は東京市場とNY市場で同時に取引されているが、取引コストが低下した昨今では、固有の投資家に選好される市場特性がなければ流動性の高い市場に取引が集中することが予想される。本研究では、東京市場とNY市場におけるプラチナと金について各市場の情報効率性、ボラティリティ、取引高、流動性の日中季節性とそれらの関係について分析する。東京市場では当業者を中心とした非情報投資家による取引が盛んであるが、NY市場では情報投資家も非情報投資家も盛んに取引している。1日の取引時間を東京、ロンドン、NYの日中取引時間に分けると、商品や市場に関わらず東京の日中時間帯では非情報取引が多く、NYの日中時間帯では情報取引が盛んである。各市場には特定の投資家に選好される特性があることに加えて、投資家は時間帯によって異なる市場特性を踏まえながら取引する時間帯を選んでいることが明らかになった。

概要(英語)

We investigate intraday seasonality in, and relationships between, informational efficiency, volatility, volume, and liquidity. Platinum and gold, both traded in overlapping sessions in Tokyo and New York, provide an interesting comparison because Tokyo is an internationally important trading venue for platinum but not for gold. Our analysis indicates that both platinum and gold markets in Tokyo are dominated by uninformed trading, while there is evidence supporting both uninformed and informed trading in New York. Separating global trading hours into Tokyo, London, and New York day sessions, we also find that uninformed trading is more prevalent during the Tokyo day session while informed trading dominates the New York day session for both metals in both locations. This evidence suggests that futures markets for the same underlying commodity on different exchanges have different microstructure characteristics, while both informed and uninformed traders choose when to trade depending on market characteristics in different time zones.