日本語タイトル:政治とのつながりとアンチダンピング調査: 中国企業データに基づいた実証研究

Political Connections and Antidumping Investigations: Evidence from China

執筆者 張 紅咏 (研究員)
発行日/NO. 2017年6月  17-E-092
研究プロジェクト 中国市場と貿易政策に関する実証的研究
ダウンロード/関連リンク

概要

政治とのつながりをもつ企業がアンチダンピング(AD)調査・措置に影響を及ぼすのか? 本稿は、AD調査・措置のデータと中国製造業企業の大規模なパネルデータ(1998~2007年)を使用し、中国のAD調査・措置を規定する政治経済学的要因を実証的に分析するものである。本稿では、政治とのつながりは、企業の国有資本比率、中央政府あるいは省政府に属しているかどうかで定義している。AD調査の確率については、Probitモデルを用いて推定した結果、(1)非国有企業と比べてより生産性の低い国有企業がAD調査を申請する確率が高いこと、(2)国有資本比率が高いほどその傾向が顕著であること、(3)国有企業、特に中央政府あるいは省政府に属する国有企業が申請したAD調査が政府に認定され、最終的にAD措置が発動された確率も統計的に有意に高いことが明らかになった。産業レベルの分析では、輸入浸透度、年、4桁産業ダミーをコントロールしてもやはり国有企業のプレゼンス(雇用や売上高)の高い産業ほど貿易保護を受ける傾向がある。

概要(英語)

Do political connections affect antidumping (AD) investigations? To address this question, we use antidumping filings data combined with micro data on Chinese manufacturing firms for the period 1998-2007. The political connections of a firm are defined by whether it has state-owned capital or whether it is under the administration of central or provincial government. Estimating a probit model of AD filings at the firm level, we find that strong political connections significantly increase the likelihood of AD petitions and affirmative final dumping decisions. State-owned enterprises, firms affiliated with the central or provincial government, low productivity firms, and large firms tend to file AD investigations in China. The industry-level estimation results also confirm that industries with a greater presence of state-owned enterprises are likely to receive trade protection from the Chinese government, controlling for import penetration, year, and industry fixed effects.

Forthcoming: ZHANG, Hongyong. "Political connections and antidumping investigations: Evidence from China," China Economic Review.