日本語タイトル:より良い教育を受ける人はより寛大か?―教育効果の世代間移転に与える影響についての検証

More Schooling, More Generous? Estimating the effect of education on intergenerational transfers

執筆者 殷 婷 (研究員)/張 俊超 (統計数理研究所)
発行日/NO. 2017年5月  17-E-074
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿では、中国の「中国健康及び養老追跡調査」(CHARLS)からの個票データを用いて親の教育水準が成人した子供からあるいは成人した子供への世代間移転(金銭的な移転)に与える因果効果を検証した。具体的には、教育の内生性によるバイアスを取り除き、純粋な教育の効果を取り出すため、3年間(1959年から1961年まで)大飢饉、すなわち、この3年間に、穀物不足を解消するために、多くの学齢児童が強制的に野良で働かせられたことは外生的な教育水準の変動をもたらしており、教育の効果を推定するときの適切な操作変数として分析を行った。その結果、より長く教育を受けた親は、成人した子供からの世代間移転はより少ないが、その子供への世代間移転はより多く行う傾向があることが分かった。これらの分析結果から中国における社会保障制度に対して政策的含意を導出する。

概要(英語)

This paper studies the causal effect of education on intergenerational transfers from/to adult children. Using micro-data from the China Health and Retirement Longitudinal Study, we exploit exogenous variations in parents' schooling induced by China's Great Famine to take account of the endogeneity of education, and then estimate the effect of schooling on the probability of receiving/giving transfers from/to adult children. The instrumental variable estimates show that an additional year of schooling has a negative effect on the probability of receiving transfers, but a positive effect on the probability of giving transfers at old age. Our results have some policy implications on social security in aging societies.