日本語タイトル:賃金、生産性と雇用創出・消失:日本の部門レベルの雇用データを用いた実証研究

Effects of Wages and Job Productivity on Job Creation and Destruction: Evidence from Japanese division-level employment data

執筆者 劉 洋 (研究員)
発行日/NO. 2017年4月  17-E-060
研究プロジェクト RIETIデータ整備・活用
ダウンロード/関連リンク
備考

2018年6月改訂

概要

本稿は企業の部門レベルの雇用データを用いて、企業の雇用創出と雇用消失を測定した上で、雇用創出と消失の決定要因をそれぞれ検証した。従来の測定方法では、企業のレベルになると、純雇用の増減しか観測できなかったが、本研究の測定データには、各企業における雇用創出と消失の両方が含まれたため、それぞれに関する企業レベルの計量分析が初めて可能となった。そして、雇用創出のうち、異なる部門での雇用消失によって純雇用レベルでは隠されていた部分も測定結果に入れることができた。最後に、測定データを用いて、雇用創出と雇用消失に関する労働経済学の理論に示唆された基本要因を検証した。ドイツなどの実証研究とは異なり、本研究における日本のデータを用いた実証研究は、それらの理論的な基本要因をほぼ支持した。具体的には、まず、賃金が高くなると、雇用創出が有意に低下し、また、雇用消失が有意に上昇することが明らかになった。それから、企業における職務の生産性は、雇用創出と消失に、それぞれ有意の正の影響と有意の負の影響を与えることが示された。さらに、雇用コストという理論要因については、正社員の割合を代理変数として分析した結果、雇用コストが雇用創出に有意の負の影響が与えることが検証された。最後に、理論の検証とは別で、各影響の推定値を比較した結果、賃金の変動が雇用消失に与える影響は雇用創出に与える影響より大きいことと、生産性の変動が雇用創出に与える影響は雇用消失に与える影響よりは小さいことも分かった。特に、正社員の割合が上昇すると、雇用創出を低下させる分は、雇用消失を減少させる分を、遙かに上回ることも示された。

概要(英語)

This study employs a large-scale dataset to examine major theoretical factors affecting job creation and destruction in Japan. The new measurement first provides information for both job creation and job destruction pertaining to individual Japanese firms, enabling empirical work at the firm level, which was impossible in previous studies. Different from a comparative study conducted with German data, our study results indicate that wages and job productivity significantly affect job creation and destruction in Japan; namely, an increase in wages significantly decreases firms' job creation and increases their job destruction, whereas an increase in productivity significantly increases firms' job creation and reduces job destruction. Moreover, although a larger number of seishain workers, i.e., workers who are granted lifetime employment rights in Japan, helps decrease job destruction, they also decrease job creation, and the negative effect on job creation outweighs the positive effect on job destruction.