日本語タイトル:パテントプールの動的効果:光ディスク産業における世代間競争

Dynamic Effects of Patent Pools: Evidence from inter-generational competition in optical disk industry

執筆者 真保 智行 (関東学院大学) /長岡 貞男 (ファカルティフェロー) /塚田 尚稔 (リサーチアソシエイト)
発行日/NO. 2015年11月  15-E-132
研究プロジェクト 標準と知財の企業戦略と政策の研究
ダウンロード/関連リンク

概要

本研究では、次世代標準のための研究開発、および現世代標準(DVD)を改善するための研究開発にパテントプールがどのような影響を及ぼすのかを、光ディスク産業のパネルデータにもとづいて検証する。私たちの分析では標準間での世代間競争、および標準の合意とそのプール形成のタイミングの違いを明確に識別している。主な結論は以下の通りである。パテントプールの非参加者に比較して、標準合意(DVD)やプール形成のいずれもが、ライセンサーによる次世代標準(BD/HDDVD)のための研究開発を促進する。また、標準決定やプール形成のいずれもが、ライセンサーによる現世代標準へのR&D努力を促進する。したがって、パテントプールがそのライセンサーによるイノベーションに負の影響を及ぼすという証拠は見られない。さらに、パテントプールのライセンシーによる次世代標準への研究開発はプール形成後少し遅れて増大しており、これはオープンなパテントプールのライセンシングが、次世代技術についての学習やイノベーションに対する正の効果を持つことを示している。ただし、標準合意やプール形成の研究開発への影響は、3Cのメンバーと比較して、6Cのメンバーに対してはより小さくなっている。これはDVD技術に対する多額のサンクコストを反映しているかもしれない。また、ライセンサーがプール形成後に質の低い特許を出願すると共に、その特許性向が高まっている。そして、この傾向は3Cよりも6Cにおいて顕著であり、これはロイヤルティの配分政策の違いを反映していると考えられる。



概要(英語)

This paper examines empirically how patent pools affect the research and development (R&D) for a next-generation standard and for improving and exploiting the current standard, based on panel data from the optical disk industry. Our analysis explicitly recognizes the inter-generational competition among standards and the timing difference between the standard agreement and the pool formation for the standard. The major findings are as follows. Both the agreement for the current standard (DVD) and the formation of the pools were followed by more R&D by the pool licensors for a next-generation standard (BD and HDDVD), relative to the nonparticipants of the pools. Furthermore, the formation of the pools was followed by intensified R&D efforts by the pool licensors for improving and exploiting the current standard. Thus, there is no evidence for negative effects of the pools on the innovations by the pool licensors. The R&D of the pool licensees for the next-generation standard also increased with some lag after the pool, suggesting the positive effect of open pool licensing for their learning and innovations toward the next-generation technology. Lower response of the 6C licensors, relative to that of the 3C licensors, may reflect the former's larger sunk cost in the DVD technology. After the formation of the pools, the patenting propensity by the licensors increased with deteriorating patent quality, and such tendency is larger for the 6C patent pool, presumably reflecting their royalty distribution policy based on simple patent counts.