日本語タイトル:距離の価格:市場ごとの価格付け、生産者異質性、地理的障壁

The Price of Distance: Pricing to market, producer heterogeneity, and geographic barriers

執筆者 加納 和子 (武蔵野大学)/加納 隆 (一橋大学)/武智 一貴 (法政大学)
発行日/NO. 2015年2月  15-E-017
研究プロジェクト 複雑化するグローバリゼーションのもとでの貿易・産業政策の分析
ダウンロード/関連リンク

概要

輸送費は地理的に分割された地域間の価格差の要因として考えられている。しかし、価格差データを用いた場合、距離弾力的な輸送費の識別は、生産者の輸送費の扱いと市場ごとの価格付け行動に依存している。この問題に対処するために、非ホモセティック効用関数を用いた生産者異質性モデルを用いる。非ホモセティック効用関数の存在のために、市場条件により個別財の価格付け行動が変化する。この点は代替の弾力性が一定の効用関数の場合には生じない。また、このことは生産者が輸送費の上昇をすべては価格に上乗せしないことを示している。これらの点を考慮しない場合、輸送費の距離に関する弾力性は過小推定される。これらの特徴を取り込んだモデルとマイクロデータを用いた実証分析により、距離の影響は非常に大きい点が示され、地域間輸送にかかる地理的障壁の価格は高いことが示唆された。

概要(英語)

Transport costs are generally attributable to price differentials across geographically separated regions. However, when using price differential data, the identification of distance-elastic transport costs depends on how producers handle transport costs and set prices in remote markets. To address this problem, we adopt a nonhomothetic preference framework with heterogeneous producers. We show that the presence of nonhomothetic preferences is important in causing producer heterogeneity to alter individual pricing behavior depending on market conditions, a property absent in the constant elasticity of substitution heterogeneity framework. This also exhibits the property that producers do not fully pass on the increase in transport costs. By not accounting for these features, the distance elasticity of transport costs is underestimated. However, by incorporating these features in our model and using empirical analysis and microlevel data, we reveal that the distance effect is significantly large, suggesting that the price of geographic barriers for regional transportation is high.

Forthcoming: Kano, Kazuko, Takashi Kano, and Kazutaka Takechi. "The price of distance: Pricing-to-market and geographic barriers," Journal of Economic Geography.