日本語タイトル:在職老齢年金制度と60-64歳の労働供給:日本の独自サーベイへの回答を基にした実証分析

Social Security Earnings Test and the Labor Supply of the Elderly: New evidence from unique survey responses in Japan

執筆者 清水谷 諭  (コンサルティングフェロー)
発行日/NO. 2013年3月  13-E-017
研究プロジェクト 社会保障問題の包括的解決をめざして:高齢化の新しい経済学
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿では、在職老齢年金制度の適用を受ける60-64歳に対して、制度が自身の労働力供給へ及ぼす影響について直接質問した回答をもとに、在職老齢年金制度の労働供給抑制効果について新しい実証分析を試みた。検証の結果、(1)在職老齢年金制度の影響を受けているグループと受けていないグループの間には、賃金や労働時間に差があること、(2)両者の観察できる属性を同質だと仮定しても、その差は明瞭で、在職老齢年金制度にはやはり労働供給抑制効果がみられることを確認した。

概要(英語)

This study proposes an alternative approach of utilizing direct responses to a survey on the social security earnings test for the elderly to provide new evidence on the sensitivity of the labor supply decision of workers aged between 60 and 64 with respect to the test. Our empirical results show a discouraging effect on working in a large proportion of these workers in Japan, even after correcting for the observed attributes of individuals who reported to be either affected or unaffected.

Published: Satoshi Shimizutani, 2013. "Social Security Earnings Test and the Labor Supply of the Elderly: New Evidence from Unique Survey Responses in Japan," Japanese Economic Review, Vol. 64(3), pp. 399-413.
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1468-5876.2012.00580.x/abstract