日本語タイトル:自己中心的社会的ネットワークデータを用いる新たな回帰分析モデル:日本における政治政党選好の分析

New Regression Models with Egocentric Social Network Data: An analysis of political party preference in Japan

執筆者 山口 一男  (客員研究員)
発行日/NO. 2012年7月  12-E-048
研究プロジェクト SNSを用いたネットワークの経済分析
ダウンロード/関連リンク

概要

この論文はカテゴリー変数が従属変数であり、自己中心的社会的ネットワークが共変数である場合に、調査対象者についての結果の決定要因と、調査対象者の結果と直接結びつきのある人々との結果の類似性の決定要因を同時に分析するモデルを導入している。この論文で導入される分析モデルの長所は自己中心的社会的ネットワークデータを収集する標本調査に広く応用が出来ることと、態度や行動が類似の他者を友人にする傾向(homophilyという)などによる見かけ上の類似性の影響を除去して、友人間の態度や行動の一致の決定要因を分析できる点にある。日本版総合社会調査(JGSS)への例示的応用は自己中心的社会的ネットワークの幾つかの特質が、個人の政治政党選好みと、個人とその重要な他者との政治政党の選好みの一致に、共に影響していることを示している。

概要(英語)

This paper introduces some regression models for a categorical dependent variable with data from egocentric social networks as covariates to analyze the determinants of the outcome for the subject and those of the extent of agreement or disagreement between the outcomes for the subject and the persons to whom he/she is directly connected. The merits of those models are their wide applicability to surveys that collect data on egocentric social networks and their capacity to identify the determinants of agreement between the subject's and his/her friends' attitudinal or behavioral outcomes, controlling for the tendency to agree due to homophily in the choice of friends. An illustrative application using data from the 2004 Japanese General Social Survey shows that several substantively distinct characteristics of egocentric networks affect the subject's political party preference and the extent of agreement in the preference between the subject and that of his/her significant others.

Published: Kazuo Yamaguchi, 2013. "New Regression Models with Egocentric Social Network Data: An Analysis of Political Party Preference in Japan," Sociological Methodology, Vol. 43(1), pp. 312-345.
http://smx.sagepub.com/content/43/1/312.abstract