プログラム:特定研究

SNSを用いたネットワークの経済分析

プロジェクトリーダー/サブリーダー

松田 尚子 顔写真

松田 尚子 (研究員)

リーダー

プロジェクト概要

日本の起業環境については、米国に比べ見劣りすると長年指摘されてきた。この要因については、資金、人材、制度面等さまざまに議論され、政策的手当もその都度なされてはきたが、起業数の偏在は、いまだに解消されないままである。この偏在の原因の1つとして本研究では、起業家を取り巻く人的ネットワークに着目する。

人的ネットワークとは、起業家の親族、同窓生、職業上の知り合い等を含み、起業やその後の企業運営のための資金調達、人材獲得、その他重要な経営判断に必要な情報を起業家にもたらすことで、起業家が経営するベンチャー企業の業績を大きく左右しうるものである。

このような問題意識から、本研究では東証マザーズ上場企業(178社)の「情報・通信業」64社の代表のうち、24人の経営者の友人関係と新興企業の業績との関連についてfacebookのデータを用い、明らかにする。

活動期間: 2012年3月 6日 〜 2013年6月30日

主要成果物

2014年度の成果

RIETIディスカッション・ペーパー

2013年度の成果

RIETIディスカッション・ペーパー

2012年度の成果

RIETIディスカッション・ペーパー