日本語タイトル:多国籍企業のグローバルな設備投資行動

Global Fixed Capital Investment by Multinational Firms

執筆者 René BELDERBOS  (ルーバン=カトリック大学 / マーストリヒト大学 / UNU-MERIT) /深尾 京司  (ファカルティフェロー) /伊藤 恵子  (専修大学) /Wilko LETTERIE  (マーストリヒト大学)
発行日/NO. 2010年9月  10-E-044
研究プロジェクト 産業・企業の生産性と日本の経済成長
ダウンロード/関連リンク

概要

本論文では、多国籍企業による母国とホスト国における設備投資の同時決定をモデル化し、日本企業について検証を行った。我々は、各企業が複数の差別化された財を生産し、各財の生産について最適な立地と生産規模を選択するものと想定した。我々は、1996年と97年に実施された海外事業活動調査と企業活動基本調査を用い、製造業を営む本社とその生産現地法人、併せて1707カ所の設備投資行動について実証分析を行った。分析の結果、本社を含む各拠点における有形固定資産の成長率は、当該拠点における投資収益率を規定する要因(需要の動向や賃金率、等)だけでなく、企業が立地する他の全ての拠点の賃金率にも影響されるとの結果を得た。またグローバルな流動性制約に直面する企業は、有形固定資産の成長率が低くなることも分かった。これは、限られた自社製品をどこで生産するかという同時決定だけでなく、限られた資金をどこで使うかという同時決定にも企業が直面していることを示唆している。



概要(英語)

This paper develops and tests a simple model of the simultaneous determination of gross fixed capital formation by multinational Japanese firms in home and host countries. We treat multinational firms as multi-product firms, choosing optimal investment locations and production scale for each product. We test the predictions of the model on a unique dataset covering 1707 fixed capital investment decisions by (affiliates of) Japanese multinational firms in the manufacturing sector based on research conducted in 1996 and 1997. We find that the rate of investment is not only determined by factors affecting the return on investment levels in a country (e.g. effective demand and wages), but also by wage levels in other countries in which the firm operates manufacturing affiliates. Firms facing global liquidity constraints show systematically lower investment ratios, suggesting that financing constraints are another source of interaction between investments.

Published: René Belderbos, Kyoji Fukao, Keiko Ito, Wilko Letterie, 2013. "Global Fixed Capital Investment by Multinational Firms," Economica, Vol. 80(318), pp. 274-299.
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/ecca.12014/abstract