H29-1-04

平成29年度「データ利活用に関するアンケート調査」
Questionnaire Survey Regarding Data Utilization

プロジェクト

企業において発生するデータの管理と活用に関する実証研究

プロジェクトリーダー

渡部 俊也 (ファカルティフェロー)

調査の目的と背景

昨今のIoT(モノのインターネット化)、ビッグデータ、AI(人工知能)等の進展に伴い、事業活動により生み出されるデータは爆発的に増加している。それに伴いデータの持つ価値も向上し、データは企業の競争力の源泉として革新的な成果をもたらすものと期待されている。

本調査は、日本企業が保有するデータの質的量的な評価をし、それらのデータをどのような契約条件で共有することが妥当であるか等を検討することを目的として、上場企業を含め、広くIoT、ビッグデータ、AIを活用している可能性の高い企業を対象として調査を実施する。

調査概要

     
調査対象

6,278社

調査方法

郵送方式

調査実施期間

平成29年(2017年)9月〜11月

有効回答数

562社(9%)

関連リンク