プログラム:貿易投資

グローバル化、デジタル化、パンデミック下における企業活動に関する実証分析

プロジェクトリーダー/サブリーダー

冨浦 英一 顔写真

冨浦 英一 (ファカルティフェロー)

リーダー

プロジェクト概要

世界経済を巡っては、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大(パンデミック)により混迷が深まっている。 そこで、パンデミックにおけるわが国企業の対応に、グローバル化やデジタル化がどう関係したか、企業ミクロデータを用いて分析する。また、パンデミックがわが国貿易に与えた影響に関するビッグデータを用いた分析も検討する。

併せて、①ビッグデータやAIの活用拡大に伴って一層拡大すると見込まれ、パンデミックにより人の移動が制限され重要性がさらに高まっている越境デジタル・データ移転と、②グローバル化に大きな位置を占めており危機に対する対応でも特徴を有すると考えられる企業内貿易についても、企業ミクロデータを用いた実証分析を深める。

プロジェクト期間: 2020年9月14日 〜 2022年8月31日

主要成果物

2021年度の成果

RIETIディスカッション・ペーパー