プログラム:地域経済

組織間のネットワークダイナミクスと企業のライフサイクル

プロジェクトリーダー/サブリーダー

齊藤 有希子 顔写真

齊藤 有希子 (上席研究員)

リーダー

プロジェクト概要

本研究プロジェクトは、日本の企業の競争力の源泉として、組織間の強いつながりによる効果(『つながり力』)に焦点をあて、組織間ネットワークのダイナミクスを研究する。組織間のつながりとして、企業間の取引ネットワークや知識波及に関するネットワークがあり、それらのネットワークの構築のコストとして地理的な障壁などさまざまなコストがある。それらのコストがどのように働くのかを詳細に分析することにより、ネットワークのダイナミクスと企業のパフォーマンスとの関係を明らかにする。また、企業間のつながりにより、個々の企業のショックがマクロ経済の変動や成長にもつながるが、ネットワークのダイナミクスはショックの吸収機能としても増幅機能としても働き得る。異なるショックに対して、どのようにネットワークが反応するのか、他の生産要素である雇用がどのように変化するのかを分析することにより、ショックの波及メカニズムを明らかにする。さらに、企業ダイナミクスの構造変化を考慮し、企業のライフサイクルにおける企業間ネットワークの役割、企業成長の履歴効果、経済活動の立地パターンの決定要因について分析する。

活動期間: 2018年6月11日 〜 2020年6月30日

主要成果物

2019年度の成果

RIETIポリシー・ディスカッション・ペーパー

2018年度の成果

RIETIポリシー・ディスカッション・ペーパー