プログラム:貿易投資

貿易費用の分析

プロジェクトリーダー/サブリーダー

石川 城太 顔写真

石川 城太 (ファカルティフェロー)

リーダー

プロジェクト概要

貿易自由化は、WTOのもとでの多角的貿易自由化であれ、FTAのもとでの地域的貿易自由化であれ、基本的に、「貿易費用」の削減を目指すものである。ただ、一口に貿易費用と言っても、輸送費、関税、非関税障壁など、直接的および間接的な費用を含め、さまざまな費用が考えられる。さらに、貿易費用は流通に密接に関係しているが、バリューチェーン、サプライチェーンのグローバルな拡大、そして、サービス経済化の深化や交通網・情報通信等の技術革新の進展などを考えると、流通を費用としてではなく「価値を生むもの」としてとらえることも可能である。したがって、貿易費用の分析は一様とはなり得ない。たとえば、輸送費に着目するのであれば、まず輸送費のモデル化が必要なはずであり、それに基づく分析が必要となる。また、貿易費用は、ただ単に貿易促進のみに関連しているものではない。競争政策、産業政策、成長政策、環境政策、資本規制といった経済政策は、経済のグローバル化が加速している今日においては、貿易費用とも深く関わっている。たとえば、国内の経済政策は、貿易費用が高ければローカルな政策と見なせるかもしれないが、貿易費用が低下して国々の相互依存が深まると、グローバルな政策になりうる。すなわち、グローバル経済において、さまざまな経済政策を分析・議論する際には、貿易費用の分析が必要不可欠である。本研究プロジェクトでは、さまざまな観点から貿易費用を分析することで、貿易自由化や考察を深めるとともに、貿易費用が経済政策に与えるさまざまな影響を研究し、日本の今後の政策議論や政策立案に貢献することを目的とする。

活動期間: 2015年7月27日 〜 2017年3月31日

主要成果物

2017年度の成果

RIETIディスカッション・ペーパー

2016年度の成果

RIETIディスカッション・ペーパー

2015年度の成果

RIETIディスカッション・ペーパー