プログラム:新しい産業政策

大震災後の環境・エネルギー・資源戦略に関わる経済分析

プロジェクトリーダー/サブリーダー

馬奈木 俊介 顔写真

馬奈木 俊介 (ファカルティフェロー)

リーダー

プロジェクト概要

本研究の目的は、東日本大震災をも踏まえつつ、世界金融危機後に実施された日本を含む主要国における環境政策のパフォーマンス評価を行うと同時に、今後の日本の産業・エネルギー政策のあり方について、新たな成長分野を切り拓く視点から具体的な政策提言を行うことである。本研究の意義は、環境政策の産業政策としての特徴を明確に考慮に入れて評価分析を行う点にある。グローバル競争の時代、市場間、産業間・産業内での相互作用は多面的であり、産業政策は当初予期せぬ効果を生みかねない。経済分析によって、相互作用を明確に考慮に入れた産業政策の総合的な評価分析が可能となる。

活動期間: 2011年6月22日 〜 2013年6月30日

主要成果物

2013年度の成果

RIETIディスカッション・ペーパー

2012年度の成果

RIETIディスカッション・ペーパー