プログラム:国際マクロ

為替レートのパススルーに関する研究

プロジェクトリーダー/サブリーダー

伊藤 隆敏 顔写真

伊藤 隆敏 (プログラムディレクター・ファカルティフェロー)

リーダー

プロジェクト概要

グローバル生産販売構造を持つ日本企業は多国籍企業としての価格設定行動と整合的なインボイス通貨選択と為替リスク管理体制を構築している。当プロジェクトの目的は、こうした合理的な為替戦略を持つ多国籍企業による貿易取引を前提としてパススルー(為替レート変動による輸出入・国内価格の変化)に関する次のような課題の解明を行うことである。(1)市場シェアや製品差別化の程度などの財レベルの諸要因、あるいは企業の財務状態や資金調達コストといった企業レベルの諸要因のマクロレベルのパススルーへの影響を理論的・実証的に再検証すること、および(2)日本の円の国際化のプロセスの再解釈と新興国通貨の国際化への政策的インプリケーションの導出である。

活動期間: 2013年5月 7日 〜 2015年3月31日

主要成果物

2015年度の成果

RIETIディスカッション・ペーパー

2014年度の成果

RIETIディスカッション・ペーパー