黒田 祥子

黒田 祥子顔写真

黒田 祥子 KURODA Sachiko

ファカルティフェロー

早稲田大学教育・総合科学学術院教授

RIETIでの活動

研究分野 主な関心領域

研究分野

労働経済学、応用ミクロ経済学

関心領域

労働時間、時間配分、働き方と健康、メンタルヘルス、健康経営、賃金、失業

研究プロジェクト

学歴

1994年 慶應義塾大学経済学部卒
1999年 青山学院大学大学院国際政治経済学研究科修士課程修了
2009年 慶應義塾大学博士号取得(商学)

職歴

1994年 - 2006年 日本銀行入行、金融研究所にて経済分析に従事
2006年 - 2007年 一橋大学経済研究所助教授
2007年 - 2009年 一橋大学経済研究所研究所特任准教授
2009年 - 2011年 東京大学社会科学研究所准教授
2011年 - 2014年 早稲田大学教育・総合科学学術院准教授
2014年 - 早稲田大学教育・総合科学学術院教授

主な著作物

  • Why Do People Overwork at the Risk of Impairing Mental Health,? Journal of Happiness Studies, 20(5), 2019 (with Isamu Yamamoto)
  • Good boss, bad boss, workers' mental health and productivity: Evidence from Japan, Japan and the World Economy, 48, 2018 (with Isamu Yamamoto)
  • 「健康資本投資と生産性」、『日本労働研究雑誌』No.695、労働政策研究・研修機構、2018年
  • 「長時間労働と健康、労働生産性との関係」、『日本労働研究雑誌』No.679、労働政策研究・研修機構、2017年
  • 「給与の下方硬直性がもたらす上方硬直性」、『人手不足なのになぜ賃金が上がらないのか』第5章、慶應義塾大学出版会、玄田有史編、2017年 (山本勲氏との共著)
  • 「賃金デフレはマイルドデフレ長期化の主犯か:ミクロ・マクロ両面からのアプローチ」、『慢性デフレ 真因の解明』第6章、日本経済新聞出版社、渡辺努編、2016年 (山本勲氏との共著)
  • Does Downsizing Take a Toll on Retained Staff? An Analysis of Increased Working Hours in the Early 2000s in Japan, Journal of the Japanese and International Economies, 36, 2015 (with Yuji Genda and Souichi Ohta)
  • Is Downward Wage Flexibility the Primary Factor of Japan's Prolonged Deflation?, Asian Economic Policy Review, 9, 2014 (with Isamu Yamamoto)
  • 『労働時間の経済分析――超高齢社会の働き方を展望する』、日本経済新聞出版社、2014年 (山本勲氏との共著)

その他

受賞歴

第57回日経・経済図書文化賞受賞
第38回労働関係図書優秀賞受賞

審議会等

労働政策審議会労働条件分科会委員
裁量労働制実態調査に関する専門家検討会委員
厚生労働統計の整備に関する検討会構成員 等

学会

日本経済学会、行動経済学会