日本語タイトル:サッカーサポーターの社会的圧力はホームアドバンテージを生み出すか?:COVID-19流行下におけるJリーグ観客制限からの考察

Social Pressure in Football Matches: An Event Study of "Remote Matches" in Japan

執筆者 荒木 祥太 (研究員(政策エコノミスト))/森田 裕史(法政大学)
発行日/NO. 2021年12月  21-E-095
ダウンロード/関連リンク

概要

COVID-19パンデミックの影響によって観客制限がなされたサッカーの試合から、社会的圧力が審判の判断に与える影響を検証する。2020年の日本プロサッカーリーグのJ1リーグおよびJ2リーグ、43試合の無観客試合を含む全768試合の結果から、ホームチームのサポーターによる社会的圧力によるレフリーバイアスの統計的有意な証拠を見いだした。スタジアムに観客がいると、ホームチームに与えられるファウルの数は約1.05回分、統計的有意に減少する。さらに、観客制限の形式変更を詳細に考慮したモデルを推定することで、スタジアムにおけるホームチームのサポーターの割合よりも、観客の絶対数の方がレフリーバイアスの原因として支配的であることが分かった。

概要(英語)

We examine the effect of social pressure on the outcomes of football matches by assessing those matches that did not have spectators as a result of the COVID-19 pandemic. From the results of 768 matches with 43 unattended matches in Japan's top two divisions for the 2020 season, we find significant evidence of referee bias due to social pressure by the home team's supporters. With spectators in the stadium, the number of fouls awarded to home teams decreases significantly by about 1.05. In addition, we find that the absolute number of spectators is more dominant as a cause of referee bias than the share of the home team's supporters in the stadium, by estimating a model that considers the restricted stadium capacity amid the pandemic.