日本語タイトル:災害はどのように異集団に対する認識を変えるか?

How Do Disasters Change Inter-Group Perceptions? Evidence from the 2018 Sulawesi Earthquake

執筆者 柏木 柚香(早稲田大学 / 国立研究開発法人防災科学技術研究所)/戸堂 康之(ファカルティフェロー)
発行日/NO. 2021年10月  21-E-082
研究プロジェクト 経済・社会ネットワークとグローバル化の関係に関する研究
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿は、自然災害が異集団に対する認識に影響するかどうか、またどのように影響するかを検証する。特に、緊急時に異集団を頼ることができるかについての主観的期待に焦点を当てる。そのため、元々宗教対立があり、2018年スラウェシ地震で被災したインドネシアの中央スラウェシ州で家計調査を行った。データ分析の結果、地震で被災した個人の方が、自身とは異なる宗教グループの村人に対して災害時に頼ることができると考えている傾向にあることが見出された。このメカニズムとして、スラウェシ地震後にあった宗教集団間の協力の直接的および間接的経験が寄与している可能性が示された。また、地震が集団間の認識に及ぼす影響には異質性があり、例えば被災の種類や過去の経験によって異なることも示された。

概要(英語)

This study investigates whether and how natural disasters affect intergroup perceptions, particularly focusing on subjective expectations for dependability on other groups in emergencies. We conduct a household survey in Central Sulawesi, Indonesia, which has experienced religious conflicts and was heavily hit by the 2018 Sulawesi earthquake. Our estimation results from the survey data indicate that individuals who suffered from the earthquake exhibit higher expectations for access to emergency support from other religious groups in the future. As a possible mechanism of this change, we show that the direct and indirect experience of actual cooperation between groups after the earthquake contribute to the higher expectations of sufferers. We also find heterogeneity in the effect of the earthquake on intergroup perception, depending on, for example, the types of damage and past experiences.