日本語タイトル:新型コロナと在宅勤務の生産性:パネルデータ分析

Productivity of Working from Home during the COVID-19 Pandemic: Panel Data Analysis

執筆者 森川 正之 (所長・CRO)
発行日/NO. 2021年9月  21-E-078
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿は、2021年7月に実施した独自のサーベイに基づき、新型コロナ下における在宅勤務の実施状況や生産性について、1年前に実施した調査結果と比較しつつ分析した。その結果によると、第一に、在宅勤務の平均的な生産性は依然として職場の生産性に比べて20%程度低いものの、この1年間に10%ポイント以上改善した。1) 在宅の生産性が低い人の退出によるセレクション効果、2) 在宅勤務の生産性が低かった人の底上げを中心とした学習効果が半々程度の寄与となっている。第二に、在宅勤務で節約された通勤時間を仕事に充てることを通じた労働投入時間の増加は、在宅勤務実施者の総労働投入時間の3.0%、雇用者全体の総労働投入時間の0.7%に当たる。すなわち、節約された通勤時間の労働時間への充当を考慮しても、在宅勤務の生産性についての結論は本質的に変わらない。第三に、新型コロナ終息後も現在と同程度の頻度での在宅勤務を希望する人が大幅に増加しており、新型コロナを契機に在宅勤務がアメニティの高い働き方として定着する可能性が高まったことを示唆している。

(本稿は、日本語版のディスカッション・ペーパー(21-J-041)に修正を加えた上で、英語版にしたものである。)

概要(英語)

Using panel data from original surveys conducted in June 2020 and July 2021, this study analyzes the changes in adoption and productivity of working from home (WFH) during the COVID-19 pandemic. First, the results indicate that the mean WFH productivity has improved by more than ten percentage points in the past year, although it is still approximately 20% lower compared to when working in the office. 1) "Selection effect" arising from the exit of workers with relatively low WFH productivity from the WFH practice and 2) the improvement in WFH productivity through the "learning effect" contributed almost equally to the productivity growth of WFH. Second, additional working hours extracted from reduced commuting are approximately 3.0% and 0.7% of the total labor input of WFH workers and all workers, respectively. Even after adjusting for additional working hours from reduced commuting, the conclusion of relatively low productivity at home remains essentially unchanged. Third, the percentage of employees who want to continue frequent WFH after the end of the pandemic has increased substantially, suggesting that WFH may become a popular workstyle.