日本語タイトル:福祉の拡充とタクシー需要の減退:タクシー運転者の賃金停滞の背景

Favored Welfare Programs and Negative Externalities: The Effect of Subsidized Transportation for the Elderly on Demand and Wages for Taxi Services

執筆者 橋本 由紀 (研究員)/小前 和智 (東京大学)
発行日/NO. 2021年8月  21-E-074
ダウンロード/関連リンク

概要

本研究では、1990年代から続くタクシー需要の長期的な減少の一因が、福祉政策の拡充に伴う自家用福祉車両の増加にあったことを明らかにする。都道府県パネルデータを用いた分析の結果、自家用福祉車両の10%の増加はタクシーの輸送人員を0.9%、営業収入を1.3%減少させていた。そして、運送収入に比例した歩合に強く依存するタクシー運転者の賃金構造を反映し、営業収入の1%減少によって、タクシー運転者の賃金は1.3%低下していたこともわかった。タクシーやバス事業者による運送を補完する目的で認められた自家用福祉車両による輸送が、実際には移動困難者の個別輸送ニーズの大部分を担い、結果、タクシー需要の一部は、自家用福祉車両に代替されたと考えられる。

本稿は、日本語版のディスカッション・ペーパー(19-J-053)を英語版にしたものである。

概要(英語)

This study examines the negative externalities resulting from limited opportunities for negotiations between government institutions. We show that the externalities caused by subsidized wheelchair-accessible vehicles (SWAV) under policies for elderly care have eroded the demand for taxis regulated by transportation policies in Japan. An increase of 10 percent of SWAV is associated with a roughly 1 percent decrease in the number of passengers and operating revenue for taxis. The increase in SWAV accounts for as much as one third of the drop in taxi usage between 2010 and 2015. Our analysis also finds that taxi drivers' wage elasticity is greater than 1, meaning that wages were reduced more than the decrease in taxi usage.