日本語タイトル:技術的非効率性と企業行動:わが国の製造中小企業のパネルデータによる実証分析

Technical Inefficiency and Firm Behavior: A Panel Study of Japanese Small and Medium Manufacturing Firms

執筆者 小川 一夫 (関西外国語大学)
発行日/NO. 2021年8月  21-E-068
研究プロジェクト 企業金融・企業行動ダイナミクス研究会
ダウンロード/関連リンク

概要

本研究では、中小企業庁が実施した『中小企業実態基本調査』のパネルデータ(2009年~2018年)を用いてわが国の製造中小企業の技術的な非効率性(technical inefficiency)について実証分析を行った。具体的には、正規雇用、非正規雇用、資本ストック、原材料の4つの生産要素を投入物とするstochastic frontier 生産関数を推定することに個別企業の技術的非効率性を求め、非効率的企業の特徴を明らかにした。推定方法は、企業の異質性と技術的非効率性を識別できるtrue random effects modelである。

主要な結果は以下の通りである。まず、労働投入を正規雇用と非正規雇用に分けず、企業の異質性と技術的非効率性を識別しない伝統的な変量効果モデルによってstochastic frontier生産関数を推定した場合には技術的非効率性が過大に推定されることがわかった。第二に、非効率的な企業は、規模が小さく、非正規雇用の割合が高く、労働生産性、売上高営業利益率、設備投資の収益性である限界qでみた企業パフォーマンスが低いことが明らかになった。また、負債比率が高いにもかかわらず、低い借入利子率に直面しており、金融機関からの非効率的な融資(追い貸し)を受けている可能性が高いこともわかった。さらに非効率的な企業は設備投資やR&D投資を実施する割合が低いこともわかった。

技術的な非効率性を減少させるためには、財務状況を改善することによって設備投資の実施確率を高めることが必要である。その定量的効果は、負債比率の低下によって技術的非効率性は4.86%(機械産業)から5.81%(重工業)低下し、設備投資を実行していない企業が実行した場合、技術的非効率性が7.50%(機械産業)から9.83%(重工業) 改善するのである。

概要(英語)

This study examines the technical inefficiency of Japanese small and medium manufacturing firms by using the panel data of the Basic Survey on Small and Medium Enterprises (2009-2018).

We estimate the stochastic frontier production function with four production factors (regular workers, non-regular workers, capital stock, and materials) and calculate the technical inefficiency of individual firm by applying a true random effects model which can distinguish technical inefficiency from firm heterogeneity.

Our evidence is summarized as follows. First, technical inefficiency is overestimated when the number of total workers is used as production input for the conventional stochastic frontier model which forces firm heterogeneity into the same term as technical inefficiency. Second, the inefficient firms are smaller, rely more on non-regular workers, exhibit poorer firm performance, have higher debt-asset ratios, pay lower interest rates and are inactive in capital investment as well as R&D investment. Third, inactive capital investment and high debt-asset ratios are mainly responsible for causing the technical inefficiency.