日本語タイトル:企業間取引関係を通じたショックの伝播によって生じる景気変動の定量的評価について

The Size of Micro-originated Aggregate Fluctuations: An analysis of firm-level input-output linkages in Japan

執筆者 荒田 禎之 (研究員)/宮川 大介 (一橋大学)
発行日/NO. 2021年8月  21-E-066
研究プロジェクト 企業金融・企業行動ダイナミクス研究会
ダウンロード/関連リンク

概要

最近のマクロ経済学研究では、企業へのミクロショックが取引関係を通じて経済全体に波及し、無視できない規模の景気変動を引き起こす可能性が注目されている。 しかしながら、実際の企業レベルの取引関係を前提としたとき、このミクロショック起因の景気変動がどの程度の規模になるかは未だによく分かっていない。本研究では、日本経済の企業レベルの取引関係のデータと確率論を使った手法によって、このミクロショック起因の景気変動の規模を求めた。その結果、ミクロショックは企業間取引関係の異質性によって、分散で見たとき、実際に観察されるGDP成長率の変動の約30%程度を説明することが分かった。この結果は先行研究で強調されてきたグラニュラー仮説と整合的である。その一方で、ミクロショックは経済の大変動に関しては、何ら説明力を持たないことも分かった。これは、仮にグラニュラー仮説が成り立ち、中心極限定理が成立しない状況であっても、ミクロショックは"ある程度"打ち消しあい、ミクロショック起因の景気変動が正規分布に極めて近くなるためである。従って、日本経済の実際の企業間取引関係を前提にした時、ミクロショックは経済の小さな変動しか説明することが出来ない、というのが本研究の結論である。

概要(英語)

Recent studies (e.g., Acemoglu et al (2012)) argue that microeconomic shocks to firms propagate on input-output linkages and result in aggregate fluctuations. However, little is known about the size of micro-originated aggregate fluctuations given the empirical firm-level input-output linkages. This paper analyzes the size of micro-originated aggregate fluctuations by combining probabilistic methods and the analysis of firm-level input-output linkages in Japan. We find that due to the heterogeneity of the input-output network, microeconomic shocks account for about 30% of observed aggregate variance, consistent with the granular hypothesis. However, we find that microeconomic shocks contribute almost nothing to the tail probability of aggregate output. This is because even when the CLT does not hold, the microeconomic shocks cancel each other out "to some extent", and the resultant distribution of aggregate output is close to a Gaussian. Therefore, given the empirical input-output network in Japan, our results show that microeconomic shocks turn out to cause aggregate fluctuations of a limited size.