日本語タイトル:新型コロナウイルスショックの労働市場に与える異質的な影響:人々の行動と非薬学的介入

The Heterogeneous Effects of COVID-19 on Labor Markets: People's Movement and Non-Pharmaceutical Interventions

執筆者 星 紀翔 (ブリティッシュコロンビア大学)/笠原 博幸 (ブリティッシュコロンビア大学)/牧岡 亮 (研究員(政策エコノミスト))/鈴木 通雄 (内閣府経済社会総合研究所 / 東北大学)/田中 聡史 (クイーンズランド大学)
発行日/NO. 2021年6月  21-E-045
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿は、新型コロナウイルス感染症に関する政策による人々の行動抑制が、日本の労働市場に与えた影響の異質性を分析した。労働市場における個人のアウトカムに関する変数を都道府県レベルの人々のモビリティ指数に回帰し、さらに都道府県ごとの政策指標をモビリティ指数に対する操作変数として用いた分析によると、以下の5つの結果が得られた。第一に、新型コロナウイルス感染症による人々の行動抑制により、休業者数が全ての属性において増加したが、その影響は特に非正規労働者、低学歴者、女性、31歳から45歳の中年者で大きいことが分かった。第二に、労働時間はほとんど全ての属性において減少しているが、その減少幅は特に雇い人のいない自営業主や31歳から45歳の中年者において特に大きいことが分かった。第三に、失業に関しては、前年に正規職従事していた老年男性において、統計的に有意な負の影響を観察した。この影響は特に60歳と65歳において大きいことが観察されるため、新型コロナウイルス感染症により再雇用の機会が失われたことによると解釈することができる。第4に、これらの影響は特にサービス職や販売職に従事する労働者に対して大きいことが分かった。第5に、より厳しい政策に関する反実仮想実験を行ったところ、人々の行動抑制により労働者の労働時間が減少することを通じて、平均的労働者の収入が週3,857円減少する一方で、サービス職や販売職に従事する31歳から45歳の労働者の収入は、週13,842円減少することが分かった。

概要(英語)

The paper investigates the heterogeneous effect of a policy-induced decline in people's mobility on the Japanese labor market outcome during the early COVID-19 period. Regressing individual-level labor market outcomes on prefecture-level mobility changes using policy stringency index as an instrument, our two-stage least squares estimator presents the following findings. First, the number of people absent from work increased for all groups of individuals, but the magnitude was greater for workers with non-regular employment status, low-educated people, females, and those aged 31 to 45 years. Second, while work hours decreased for most groups, the magnitude was especially greater for business owners without employees and those aged 31 to 45. Third, the negative effect on unemployment was statistically significant for older males who worked as regular workers in the previous year. The impact was particularly considerable for those aged 60 and 65, thus suggesting that they lost their re-employment opportunity due to COVID-19. Fourth, all these adverse effects were greater for people working in service and sales occupations. Fifth, a counterfactual experiment of more stringent policies indicates that while an average worker would lose JPY 3,857 in weekly earnings by shortening their work hours, the weekly loss for those aged 31 to 45 years and working in service and sales occupations would be about JPY 13,842.