日本語タイトル:COVID-19ニュースのフランス金融市場への影響を理解する

Understanding the Transmission of COVID-19 News to French Financial Markets

執筆者 Willem THORBECKE (上席研究員)
発行日/NO. 2021年5月  21-E-037
ダウンロード/関連リンク
備考

2021年9月改訂

概要

Ortmans and Tripier (2020)は、ユーロ圏諸国において新型コロナウイルス感染症(COVID-19)事例発生が報道されると、2020年1月から3月にかけて10年国債の対ドイツ国債利回り差が拡大し、ユーロ圏株式の総合利回りは下落したことを明らかにした。本稿では、フランスの174件のアセットのリターンを用いて、2020年初頭においてCOVID-19のニュースが金融市場に混乱をもたらした要因を検証する。COVID-19危機は当初、原油価格の急落およびユーロ高を引き起こした。この動向は、COVID-19の感染拡大に起因して、原油価格下落やユーロ高の影響を受ける可能性のあるアセットのリターンがとりわけ低下したことを示唆する。銀行セクターは感染拡大の悪影響を受けなかった。これは、ソブリン危機と銀行危機の連鎖の懸念が反応を引き起こすことはなかったことを示唆するものである。高級ブランド企業は、2020年初頭、感染拡大の恩恵を受け、それ以降もコロナ禍をうまく乗り越えた。

概要(英語)

News of COVID-19 cases roiled the French stock market in 2020. Finance theory indicates that changes in returns across many assets are driven by economy-wide rather than firm-specific factors. To identify these factors, this paper investigates the time series exposure of 174 French assets to macroeconomic variables. It then uses these exposures to examine the cross-sectional pattern of asset price changes due to coronavirus news. The results indicate that investors responded to COVID-19 news by bidding down the prices of assets that do badly when oil prices fall and the euro appreciates and by bidding up the prices of assets that do well when the European Central Bank eases. Banking sector stocks were not harmed by COVID-19 news, indicating that fears of a sovereign-bank nexus were not driving the response.