日本語タイトル:ESGパフォーマンスが企業価値ならびに超過投資に与える影響

How Does ESG Performance Affect Firm Values and Overinvestments?

執筆者 Denny IRAWAN (オーストラリア国立大学)/沖本 竜義 (客員研究員)
発行日/NO. 2021年4月  21-E-033
ダウンロード/関連リンク

概要

過去10年間に渡り、環境・社会・ガバナンスを考慮に入れたESG投資が盛んになるにつれて、企業のESGパフォーマンスと企業価値の間の関係を調べることが重要になってきている。本稿では、構造変化と4つのESGピラーの違いについて考慮を入れたうえで、この問題に関して、分析を行った。その結果、ESGスコアがトービンのQで測った企業価値に対して、2011年以降のみ、有意で正のインパクトを持つことが明らかとなった。また、社会とESG案件に関するピラーが企業価値により大きな影響を及ぼす可能性があることが示唆された。企業の投資に関して言えば、この結果より、より良いESGスコアを持つ企業が、より大きなトービンのQを通じて、より豊かな投資機会を保有する傾向があることも確認された。この結果を受けて、本稿では、より良いESGスコアを持つ企業が、超過投資をする傾向にあるに関しても分析を行った。分析の結果、2011年以降、ESG高パフォーマンスは企業の投資機会を拡大するものの、それが必ずしも超過投資を助長するとは限らないことが判明した。

概要(英語)

Examining the relationship between environmental, social, and governance (ESG) performance and firm value has attracted significant attention, as ESG investing has grown rapidly over the last decade. In this study, we examine this issue by investigating the structural change in the effects of ESG scores and firm value, as proxied by Tobin's Q. The results indicate that ESG scores have a more positive impact on Tobin's Q only after 2011, and social and controversial pillars are the most significant in explaining firm valuation. Concerning firm investment, our results also suggest that firms with better ESG have more investment opportunities through higher Tobin's Q. Given these results, this study also investigates whether firms with higher ESG performance have a higher tendency to overinvest. The overall results suggest that although ESG performance has significant positive effects on the firms' opportunity to invest after 2011, this does not necessarily imply that firms with higher ESG performance have a higher tendency to overinvest.