日本語タイトル:資源企業における危機時の余剰資本と過小資本

Conditional Capital Surplus and Shortfall across Resource Firms

執筆者 Denny IRAWAN (オーストラリア国立大学)/沖本 竜義 (客員研究員)
発行日/NO. 2021年4月  21-E-031
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿では、危機が生じた際の資源企業の余剰資本と過小資本について、分析を行った。そのために、株価の暴落と商品価格の暴落という2つの危機を考慮したうえで、Brownlees and Engle (2017)によるシステミックリスク指数(SRISK)を評価した。分析の結果、資源企業は2000年以前は危機時に過小資本に陥る傾向があったが、2000年以降は、商品セクター株価の上昇と資源企業の比較的慎重な資本運営により、過剰資本の傾向にあることが観察された。また、パネルVARモデルによる分析の結果、商品価格や地政学リスク、ならびに経済政策の不確実性が危機時に過小資本に陥る可能性を高めることが明らかとなった。さらに、これらの不確実性は、分析企業の危機時における倒産確率を高めることも判明した。最後に、企業の株価パフォーマンスと危機時の過剰資本ならびに過小資本の関係を分析した結果、危機時の過小資本の可能性は、企業の株価パフォーマンスを改善する傾向があり、リスクとリターンのトレードオフが存在する可能性が示唆された。

概要(英語)

This study examines the conditional capital surplus and shortfall dynamics of renewable and non-renewable resource firms. To this end, this study uses the systemic risk index by Brownlees and Engle (2017) and considers two conditional systemic events, namely, the stock market crash and the commodity price crash. The results indicate that companies in the resource sector tended to have conditional capital shortfalls before 2000 and conditional capital surpluses after 2000 owing to the boom of the commodity sector stock prices and the careful capital management adopted by these companies. The analysis using the panel vector autoregressive model indicates that commodity price, geopolitical, and economic policy uncertainties have a positive impact on the conditional capital shortfall. These uncertainties have also been proven to increase the conditional failure probability of firms in the sample. Lastly, the analysis of performance shows that conditional capital shortfall positively affects market returns, reflecting a high-risk, high-return trade-off for this sector.