日本語タイトル:グローバル政策リスクと国際金融リスクがマクロ経済に及ぼす影響

Macroeconomic Effects of Global Policy and Financial Risks

執筆者 小川 英治 (ファカルティフェロー)/羅 鵬飛 (摂南大学)
発行日/NO. 2021年3月  21-E-020
研究プロジェクト 為替レートと国際通貨
ダウンロード/関連リンク

概要

2000年代以降、グローバル化の進展はグローバルリスクの世界的に大きな波及効果をもたらしている。特に、近年、イギリスの欧州連合離脱、米中貿易摩擦、新型コロナウイルス感染症の世界大流行によって、主要国の政策不確実性の高まりがグローバル政策リスクを急激に増加させていた。本稿では、ベクトル自己回帰(VAR)モデルを用いて1997年1月から2020年6月までの分析期間においてグローバルリスクが主要8カ国のマクロ経済と金融市場に与える影響を分析した。以下の分析結果を得た。第一に、グローバルリスクは生産減少、雇用悪化、長期金利低下、価格低下や貿易減少などのマクロ経済後退をもたらす。そして、グローバルリスクは株価下落、避難通貨の増価やその通貨の減価などの金融市場への影響もたらす。第三に、グローバル政策リスクよりもグローバル金融リスクにマクロ経済と金融市場が有意に反応する。最後に、グローバルリスクのマクロ経済後退効果と金融市場への影響は国によって相違がみられる。

概要(英語)

Globalization has brought larger spillovers of global risks across borders since the 2000s. Specifically, global policy risk has sharply increased due to policy uncertainty in major countries in the recent decade, as seen in Brexit, US-China trade friction, and the COVID-19 pandemic. This paper empirically investigates the effects of both global policy risk and global financial risk on macroeconomy and financial markets in eight major countries from January 1997 to June 2020. We employed a Vector Autoregressive (VAR) framework to obtain interesting empirical results. First, global risks have recessionary effects on the macroeconomy, reducing production, deteriorating employment, lowering long-term interest rates, depressing prices, and reducing global trade. Second, global risks also have recessionary effects on financial markets, reducing stock prices, appreciating safe-haven currencies, and depreciating the other currencies. Third, the macroeconomies and the financial markets respond to global financial risk more significantly than global policy risk. Fourth, the recessionary effects of global risks vary depending on countries.