日本語タイトル:新型コロナウイルス感染症拡大下の在宅勤務の生産性:就労者へのサーベイによる分析

Productivity of Working from Home during the COVID-19 Pandemic: Evidence from an Employee Survey

執筆者 森川 正之 (所長・CRO)
発行日/NO. 2020年9月  20-E-073
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿は、2020年6月下旬に行った独自のサーベイに基づき、新型コロナウイルス感染症拡大後の在宅勤務の実施状況とその生産性を分析する。その結果によれば、雇用者のうち在宅勤務実施者は約32%である。総労働投入時間のうち在宅勤務による割合は約19%である。高学歴、高賃金、大都市の大企業に勤務するホワイトカラー労働者が在宅勤務を行う傾向が強い。在宅勤務の平均的な生産性はオフィス勤務の60~70%程度であり、特に新型コロナを契機に開始した人は平時から行っていた人に比べてかなり低い。高学歴者、高賃金者、長時間通勤者は、在宅勤務による生産性低下が相対的に小さい。

本稿は、日本語版のディスカッション・ペーパー(20-J-034)に修正を加えた上で、英語版にしたものである。

概要(英語)

Using data from an original survey conducted in June 2020, this study examines the prevalence, frequency, and productivity of working from home (WFH) practices during the COVID-19 pandemic in Japan. The results reveal that the percentage of employees who practiced WFH was approximately 32%. Labor input attributed to WFH arrangements accounted for approximately 19% of total working hours. Highly educated, high-wage, white-collar employees who work in large firms in metropolitan areas tended to practice WFH. The mean WFH productivity relative to working at the usual workplace was about 60% to 70%, and it was lower for employees who started WFH practices only after the spread of the COVID-19 pandemic. Meanwhile, highly educated, and high-wage employees, as well as long-distance commuters, tended to exhibit a relatively small reduction in WFH productivity.