日本語タイトル:資源企業における超過投資とマクロ経済的不確実性の関係

Overinvestment and Macroeconomic Uncertainty: Evidence from Renewable and Non-Renewable Resource Firms

執筆者 Denny IRAWAN (Australian National University)/沖本 竜義 (客員研究員)
発行日/NO. 2020年6月  20-E-059
ダウンロード/関連リンク

概要

投資はビジネス活動において最も重要な要素のひとつであり、企業の投資行動を分析するのは重要な問題である。そこで、本稿では、資源企業に関して、景気循環と不確実性による超過投資の傾向を分析することを試みた。具体的には、(1) 代替可能エネルギー産業、(2) 林業・紙産業、(3) 鉱業、(4) 石油・ガス産業という4つの資源企業セクターについて、32カ国584の資源企業からなる1986年から2017年の不均一パネルデータを用いて分析を行った。分析の結果、林業・紙産業は、標本期間に関わらず、投資関数で予測される標準的な投資額よりも多く投資する超過投資の傾向が見られ、代替可能エネルギー産業は過小投資する傾向があったことが明らかとなった。また、ブラジル、中国、インド、インドネシア、ロシア、韓国を含む新興工業国は、過去30年間に渡り超過投資の傾向があったことが示唆された。また、商品価格のインフレーションは、商品価格の不確実性よりも、企業の超過投資を誘発しやすいこと、自国の好景気は、2008年の世界金融危機以前は、超過投資を有意に減少させる傾向にあったが、世界金融危機以降は有意に上昇させることが明らかとなった。それに加えて、国際地政学的リスクと超過投資の間に有意な関係は存在しないが、国際経済政策や国別ガバナンス政策の不確実性は、超過投資を有意に増加させることも示唆された。最後に、超過投資は、企業の3年後の収益を向上させる傾向があり、この傾向は特に鉱業で顕著であることが確認された。

概要(英語)

Investment is an inherent component of business activities. This study examines the tendency of resource firms to overinvest induced by the business cycle and uncertainties. The analysis is conducted using unbalanced panel data drawn from 584 resource companies across 32 countries covering 1986 to 2017 in four resource sectors: (1) alternative energy, (2) forestry and paper, (3) mining, and (4) oil and gas producers. The results indicate that the forestry and paper sector overinvests relative to the standard investment level predicted by the investment function regardless of the sample period, while the alternative energy sector tends to underinvest. Also, many emerging economies, including Brazil, China, India, Indonesia, Russia, and South Korea, are found to have overinvested over the last three decades or so. In addition, the results suggest that commodity price inflation plays a more important role in inducing firms' overinvestment than commodity price uncertainty. It is also found that the home country's business cycle significantly affects overinvestment, with the sign alternating from negative to positive after the global financial crisis. Furthermore, the finding also shows no significant relationship between global geopolitical risk and overinvestment but a significantly positive relationship is found between global economic and country-level governance policy uncertainties and overinvestment. Lastly, the results suggest that the effect of overinvestment on firm performance after three years is positive, especially for firms in the mining sector.