日本語タイトル:中国からの輸入が日本の地域雇用に与える影響:サプライチェーンを通じた波及と共集積パターン

China's Impact on Regional Employment: Propagation through Supply Chains and Co-agglomeration Pattern

執筆者 齊藤 有希子 (上席研究員(特任))/海沼 修平 (東京大学)/Michal FABINGER (東京大学)
発行日/NO. 2020年5月  20-E-054
研究プロジェクト 組織間のネットワークダイナミクスと企業のライフサイクル
ダウンロード/関連リンク

概要

中国からの輸入は日本の地域労働市場にどう影響を与えるのだろうか。本稿では、通勤圏を地域単位として使い、産業連関を通じたショックの波及と地域の共集積パターンを考慮した上で、中国からの輸入が日本の地域雇用に与える影響を分析する。Author, Dorn and Hansen (2013) 及びAcemoglu, et al. (2016) の提案手法を利用し、地域の製造業雇用への効果を推定する。さらに、産業連関表を利用することで、上流・下流産業へのショックの波及、共集積の傾向がどのように関連しあうのかも明らかにする。分析の結果、中国からの輸入産業との競争による地域の雇用への影響は過小評価されていたことが確認された。既存研究において産業連関によるショックの波及が特に同じ地域に影響を及ぼし得るという共集積パターンが考慮されていないためだと考えられる。中国からの輸入は直接的に地域の雇用にマイナスの影響を及ぼすが、下流産業は中間財価格の下落により競争力を得て、雇用にプラスの影響を及ぼすことになる。一方で、上流企業には有意な波及は観測されない。企業は産業連関の強い産業と共集積する傾向があるため、地域全体での雇用への影響は、直接効果と下流産業への効果が打ち消しあっていたことが示唆される。

概要(英語)

How does import from China affect local labor markets in Japan? We examine this question using commuting zones as regional units, incorporating shock propagation through supply chains, as well as co-agglomeration patterns. Applying the method proposed by Autor, Dorn and Hanson (2013) and Acemoglu, et al. (2016), we investigate the impact on regional manufacturing employment. Employing the input-output table allows us to analyse how the shocks propagate to upstream/downstream industries and how regional impact is related to co-agglomeration patterns. We find that the negative direct effect on local employment is underestimated in previous studies that do not consider regional propagation of the shock through supply chains, especially the positive shock to downstream industries.

Downstream industries significantly benefit from imports from China due to low input prices, which increases local employment. We find no significant impact on upstream industries. Our results imply that the direct effect on local labor markets is weakened by effects on downstream industries within the same region.