日本語タイトル:移転価格規制と税競争

Transfer Pricing Regulation and Tax Competition

執筆者 Jay Pil CHOI (Michigan State University)/古沢 泰治 (東京大学)/石川 城太 (ファカルティフェロー)
発行日/NO. 2020年4月  20-E-035
研究プロジェクト オフショアリングの分析
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿は、多国籍企業が国の間での税率の違いを利用して移転価格を操作する誘因と移転価格操作に基づく利潤移転に対する規制を分析している。税率の差に基づく直接投資は、生産を非効率性にするかもしれないが、消費者に利益をもたらす可能性がある。その結果、移転価格操作によって経済厚生が上がる可能性があることを示した。また、本稿は、移転価格とその規制があるもとでの国の間の税競争を考察する。規制がある程度厳しい場合には、直接投資を行う国が、高い税率を設定することで租税回避国への利潤移転をある程度容認することが分かった。税率の差による直接投資を行うのは大きな国であることが知られているが、本稿はその新たなメカニズムを示している。

概要(英語)

The paper analyzes multinational enterprises' incentives to manipulate internal transfer prices to take advantage of tax differences across countries, and implications of transfer-pricing regulations as a countermeasure against such profit shifting. We find that tax-motivated foreign direct investment (FDI) may entail inefficient internal production but may benefit consumers. Thus, encouraging transfer-pricing behavior to some extent can enhance social welfare. Furthermore, we consider tax competition between two countries in order to explore the interplay with transfer-pricing regulations. We show that the FDI source country will be willing to set a higher tax rate and tolerate some profit shifting to a tax haven country if the regulation is tight enough. We also indicate a novel mechanism through which it is the larger country that undertakes tax-motivated FDI, the pattern we often observe in reality.