日本語タイトル:女性とマイノリティーの裁判官に対するアメリカ人有権者の態度

Pernicious Bias and Judicial Illegitimacy: Do Americans Perceive Diverse Judges as Inherently Biased?

執筆者 尾野 嘉邦 (ファカルティフェロー)/Michael A. ZILIS (ケンタッキー大学)
発行日/NO. 2020年4月  20-E-028
研究プロジェクト 人々の政治行動に関する実証研究ー経済産業面での政策的課題に対するエビデンスベースの処方箋の提示を目指して
ダウンロード/関連リンク

概要

司法手続きの公平性に対する認識は、法制度の正統性を維持する上で不可欠な役割を果たしている。本研究では、米国において女性とマイノリティーの裁判官に対する人々の偏見が、裁判結果の公平さに対する認識を損なっているかどうかを検証した。近年、女性やマイノリティーの裁判官が増加しているが、ほとんどの人々は女性やマイノリティーが裁判官として直ちに不適格であるとは考えていないと思われる。本研究で強調したいのは、女性やマイノリティーの裁判官に対する偏見はより曖昧な形で現れており、有権者の間で、それらの裁判官は女性やマイノリティーといった内集団に関する訴訟において公正な裁判を行うことが出来ないと考えられているという点である。これを検証するために、米国人有権者を対象にリスト実験を行った。回答に現れる社会的望ましさの効果の最小化をするリスト実験の結果からは、こうした偏見の存在が明らかになり、人々のステレオタイプが法制度の認識と法の支配に対する信頼に悪影響を及ぼすことを示唆している。

概要(英語)

Perceptions of procedural fairness play an integral role in the legitimacy of the legal system. We explore whether bias against women and minority judges undermines their perceived fairness of their rulings in court. Our exploration follows recent work on bias, but we offer a theoretical contribution by targeting its pernicious nature. Because women and minorities constitute a substantial portion of the bench, we do not expect most citizens to perceive them as entirely unfit to serve as judges. Rather, we argue that bias manifests in a subtle way – in the belief that diverse judges cannot fairly adjudicate controversies that involve their ingroup. To test our theory, we use a list experiment specifically developed to minimize social desirability effects. Our results highlight the pernicious nature of bias, providing some of the first insights into how stereotyping influences perceptions of the U.S. legal system, and suggest serious negative implications for the rule of law.