日本語タイトル:日本の通勤圏

Commuting Zones in Japan

執筆者 足立 大輔 (イェール大学)/深井 太洋 (東京大学)/川口 大司 (東京大学、IZA)/齊藤 有希子 (上席研究員)
発行日/NO. 2020年3月  20-E-021
研究プロジェクト 組織間のネットワークダイナミクスと企業のライフサイクル
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿では、1980年から2015年の5年ごとの国勢調査の通勤パターンを使用して、日本における通勤圏を構築する。通勤圏は地理的な単位であり、市区町村の地理的な単位を統合することにより作成される。市区町村では多くの労働者が異なる地域に通勤するため、労働市場を捉える単位として有効ではなく、都道府県では複数の労働市場が含まれてしまう。通勤圏は市区町村を過度に統合せず、域内の通勤率が高くなるように作成されたものである。分析手法として、Tolbert and Sizer (1996) により米国の通勤圏の定義に採用された階層型凝集クラスタリング法を用いる。分析の結果、例えば2005年の2366の市区町村から、日本全国を漏れなく重複なくカバーした331の通勤圏が構築された。また、得られた通勤圏を用いて、労働市場を表す経済変数の異質性を捉える単位としてどの程度有効であるのかを検証する。われわれの作成した通勤圏は、幅広いクラスの地理的分析を行うのに機能する。

概要(英語)

We construct Commuting Zones (CZs) in Japan using the commuting patterns observed in the quinquennial Population Census between 1980 and 2015. CZs are geographical units which are created by integration of municipalities. Municipalities are not good geographical units to capture labor market because many workers commute to different municipalities, while prefectures include more than one labor market. CZs are created so that they are not over-integrated and the ratio of commuting within the same unit is high. In particular, we employ a hierarchical agglomerative clustering method popularized by Tolbert and Sizer (1996), which is used for delineating the standard CZs in the US. For example, from 2366 municipalities in the year 2005, we delineate 331 CZs that are mutually exclusive and completely exhaustive. We show the effectiveness of CZs in extracting heterogeneities of economic variables in analyzing labor markets. CZs functions well for implementing a large variety of geographical analysis.