日本語タイトル:中間財貿易の内外延:理論と実証

The Margins of Intermediate-input Trade: Theory and Evidence

執筆者 荒 知宏 (福島大学)/張 紅詠 (研究員)
発行日/NO. 2019年12月  19-E-109
研究プロジェクト オフショアリングの分析
ダウンロード/関連リンク

概要

本論文では、非対称国が中間財を輸出入する異質企業モデルを構築する。われわれは可変貿易費用に関する弾力性は、企業参入を通じた追加的な調整を通じて、最終財よりも中間財の方が大きいことを示す。この理論的予測を検証するために、われわれは中国の通関データと関税・重力データを結合して、中国の輸出に対する距離と関税の効果を分析する。我々はこれら2つの貿易費用に関する貿易の弾力性は最終財貿易よりも中間財貿易の方で顕著に大きいという実証結果を示す。

概要(英語)

This paper develops a heterogeneous-firm model in which asymmetric countries export and import intermediate inputs. We show that the elasticities with respect to variable trade costs are larger in intermediate-input trade than those in final-good trade, due to an extra adjustment through the extensive margin. To empirically assess this theoretical prediction, we combine the China Customs data with the tariff-gravity data, and explore the impact of tariffs as well as distances on China's imports. We find that the empirical evidence suggests that the trade elasticities with respect to the two variable trade costs are significantly greater for intermediate-input trade than final-good trade.