日本語タイトル:越境データ移動規制の影響:日本企業に関する調査結果の概要

Effects of Regulations on Cross-border Data Flows: Evidence from a Survey of Japanese Firms

執筆者 冨浦 英一 (ファカルティフェロー)/伊藤 萬里 (リサーチアソシエイト)/カン・ビョンウ (一橋大学)
発行日/NO. 2019年10月  19-E-088
研究プロジェクト デジタル経済における企業のグローバル行動に関する実証分析
ダウンロード/関連リンク

概要

越境データ移動に関する規制に対する企業の反応を調べるため、日本の製造業、卸売業及び情報関連サービス業における中堅・大企業に質問票を配布した。データを国境を越えて常時移転している企業はごく一部に限られる。しかし、IoTを導入して海外でデータを収集している企業では、2割を超える企業がEUのGDPRによって影響を受けており、中国のサイバー・セキュリティ法や他国における類似の規制によって影響を受けている企業は影響がないとする企業よりも多い。企業は、データの処理・保管を行う場所を変えたり、ファイアーウォールを導入したり、人員を増強したりして対応しているが、依然として多くの企業は対策を講じていない。

概要(英語)

We distributed a questionnaire to large- and mid-sized firms in the manufacturing, wholesale, and information-related service industries in Japan to investigate the firms' responses to regulations governing cross-border data transfers. Only a limited fraction of the surveyed firms regularly transfer data across national borders. However, among the firms active in collecting data from Internet of Things (IoT) devices from overseas, the EU's General Data Protection Regulation (GDPR) affects more than 20% of firms and the number of firms affected by the Cyber Security Act of China and similar regulations in other countries exceeds the number of firms that have not noticed an impact. The affected firms have responded to the regulations through measures such as changing the location of their data processing/storage, introducing firewalls, and/or assigning staff to address the issues. However, many firms have not yet taken any action.